VALINO PERGEA08RS 最高峰のグリップ力を実現

アジアンタイヤ

VALINO PERGEA(ヴァリノ ぺルギア)は【最強のドリフトタイヤ】をコンセプトに開発され、上位の存在である08SPに次ぐグリップ力を持つタイヤです。

グリップ力とコントロール性のバランスに優れ、セッティング次第では最も使いやすいと言われています。

レースの最前線で活躍する性能

ドリフト競技の1つformulaDriftや、D1grand prix、D1Lightsにレース最前線を支える「勝つためのコンペティションモデル」がこのタイヤ。SPと同様にタイヤ温度管理やエアー圧を上手く調整することで最も性能を発揮します。

グリップはとてもあるが、ドリフトアングルになった際に、リアが追い越したりすることなくコントロールが可能。→全開走行時のコントロール性は◎

タイヤパフォーマンスを引き出すセッティングを見つける必要がありそうですね。

FormulaDriftで一番ユーザーが多いタイヤは?

コンペティションで一番使用されている08RSはSP同様タイヤ温度とエアー圧と向き合う必要があります。基本的には温度が低すぎて性能を出し切れていないとされています。低すぎても、高すぎても真価は発揮できませんので、自信でタイヤのコンディションを把握する必要があります。

これを怠ると、うまくハマるときと、イマイチコントロールできない時がありムラが出てしまいます。

エアー圧はOKだけど路面温度が合わない。そんな場合はああしよう、こうしよう。表面温度が上がってきたら積極的にエアーを抜いてみよう。などグリップを発揮する整合性を取る。タイヤを使うというよりかは育てるイメージなのではないでしょうか。

走行時のセッティング出しを意欲的に行える、行いたい方にはとてもオススメできるタイヤかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました